ゴム編みとゴム編みのはぎ方です。

このようにきれいに仕上げるコツ。

皆さんはわかりますか?

写真は生徒が接いだゴム編み止めを写真に撮らせていただきました。

編み物上級者の場合は、ゴム編みの作り目が偶数目でも奇数目でも編み始めが表編みでも裏編みでもどちらでもできますので良いですがけれどね。

初心者の場合は、必ずゴム編みの作り目は、偶数目にしてくださいね。

そして編み始めの目は、必ず表編みから編みます。

偶数目ですから、最後の編み目は裏目になるはずですね。

そこがしっかり決まってないときれいな接ぎはできませんよ。(#^.^#)

2枚目の写真で説明しておりますように、生徒ですから接ぎが少し間違っておりますから輪編みで編んでない証拠ですね。

接いであることはわかっていただけると思います。

サロンdeニットでは、このような細かなところまでお教えしております。

この方法は本には載ってません。

長年の経験から考えたはぎ方ですからね。

ゴム編みとゴム編みのはぎ ゴム編みとゴム編みの接ぎ-2 ゴム編みの綴じ-3

静岡県藤枝市の編み物教室 マダムトリコ サロンdeニット