女性のおしゃれを応援する、藤枝市の編み物教室「サロンdeニット マダムトリコ」です。

今朝は50数年ぶりの11月に大雪という情報で雪が降っている地域もありますね。

私の住んでます静岡は雪はめったに降りませんが、大雪が降ると大変ですよね。

寒いですよね~。

さて、そんな時に欲しいのが手袋ですね。

教室の生徒さんも何人か手袋を編んでおります。

ある生徒さん。「本の通りに編んでいるんですが、わからないところがあって~。」

と言ってきました。

本には簡単に書いてあるんですね。

肝心なところは省いて・・・。

と言いますか、作家さんには、当たり前になっていることなので省いてしまっているんですよね。

その当たり前を皆さん知りたいんですよね~。

まず、親指の編み方ですが。

親指って・・・。ご自分の手のひらを見ていただけるとわかりますが、人差し指の下についてますか?

人差し指より外についておりますよね。

ですから、親指をの作り目は。

最初の作り目をしたら、すぐ親指の増し目に入らなくてはなりません。

写真を見てください。右側が生徒さんが編んできた親指の位置です。

青の丸印が親指を編むための別糸で印をつけてありますね。

そこのところから親指を編みますと、手の甲の中心に入れたはずの模様がずれてしまうそうです。

それはそうですよね。

先ほども書きましたが、

手の親指は人差し指の下から出てはいませんからね。無理があるんですね。

棒針で手袋の親指を編むコツ
写真左の白の編み途中の手袋をご覧ください。

このように親指分を増し目していけば、甲の模様も中心に行きますね。

当「サロンdeニット マダムトリコ」では、このような細かいことを教えさせていただいております。

随時生徒さんを募集しております。

お待ちしております。

 

静岡県藤枝市の編み物教室 マダムトリコ サロンdeニット