女性のおしゃれを応援する、藤枝市の編み物教室「サロンdeニット マダムトリコ」です。

生徒さんがかぎ針編みでカーディガンを編んでます。

袖は、セミラグランですが、まだ途中ですがm襟ぐりの細編みの縁を編み終えましたので、載せさせていただきます。

家具針編みの襟ぐり

かぎ針編みの縁の拾い方や目数は、必ず本人のゲージで目数を決めなくてはいけません。

本の通りに編んでも襟ぐりがダラ~~ンとしたり、その反対にきつかったりしたことはありませんか?

それはご自分のゲージで割り出してないからなんですよ。

先ほども書きましたが、必ず、ゲージをとることですね。

 

 

それから拾い方なんですが、皆さん「どこを拾うんですか?どこの目に針を入れるんですか?」とよく質問を受けます。

一番のコツはどこの目?どの目?と言わないで、編んだ物は布として考えること。そうしますと

ゲージさえとれば生徒さん一人でこのようにきれいに編みあげます。

 

次回は棒針編みで編んだカーディガンの細編み襟ぐりの拾い方の作品(生徒作品)のアップをいたします。

 

このような編み物を習いたいと思われた方は、

女性のおしゃれを応援する、藤枝市の編み物教室「サロンdeニット マダムトリコ」いらしてくださいお待ちしております。

 

 

静岡県藤枝市の編み物教室 マダムトリコ サロンdeニット